【大人バレエ】お教室の卒業または増やすタイミング

卒業

こんにちは、マイコです。

運動不足をなんとかしないとで始めたバレエも、もう10年選手。

上品キレイ優雅と思っていたバレリーナは、プロアスリート並みの身体とそれを上回ると思われるボディコントロール力を持っていて、そのギャップに魅了され・・

伝統ある美しい沼にすっかりハマりこんでいます。

 

私のスタートは、スポーツクラブのバレエクラスでした。

当時、現役のダンサーがクラスを担当していて、試しに出てみたらその美しさに目が離すことが不可能に!

その先生がスポーツクラブを辞めると同時にお教室を開いたので、もちろんそこへ移籍です。

新たにたくさんのバレエ友達と知り合うことができて、満足いくバレエライフだなと思っていました。

コロナがきっかけ変わったバレエライフ

コロナはバレエライフにも影響を与えました。在宅勤務になったんです。

通勤がないってこんなに時間できるのか!と実感。(片道1時間ちょいかかっていた)首都圏だと通勤片道1時間なんて人はざらですし。

在宅の好影響

  • 人に話しかけられる回数が激減で効率UP
  • トイレだってすぐそこ⇒時短
  • お昼も家になったし⇒時短

仕事柄ですけど、集中できるとありがたくて。

そうなると仕事の効率がぐぃーっとUP。通勤ストレス&身体的負担がないので、朝から元気。

残業する必要がなくなり、夜にお食事する機会もなくなった。アフター5の自分時間がものすごく増えたんですよね。

 

コロナの感染拡大もあったので、新しいことに挑戦するとか出かけるとかやっていなかったんですが、長引くと対応もわかってきたコロナ。

思い切って平日夜にレッスンがある近所のバレエ教室の体験に行くことにしました。

 

レベチなレッスン でも・・

ずっと大人専門のバレエスタジオに通っていたのですが、体験にいったお教室はジュニアがメイン。

そして開校して間もなくて、大人クラスを分けておらず、若者と一緒のクラスでした。

体験レッスンの感想・・

やばくない!?ついていける? でも先生が素敵すぎだ・・

「入会しますっ」となりました。

 

正直、バーレッスンから覚えるの必死だし、センターにいたってはやったことないパがでてくる、でてくる・・半年くらいはレッスンの度に緊張していました。(今でも少しある)

続けているうちに大人バレリーナも増えていって、新たな友達もできました。いろいろと交流が深まる中で気付いたことがあります。

 

  • 今まで聞いたことないような注意(主に若者へ)
  • 大人バレリーナの向上心が高い。
  • バレエの知識が素晴らしい(みなの)

みんな振りもすぐ覚えるし、今までのお教室のように同じアンシェヌマンを繰り返すとか、懇切丁寧に振りを教えるということはない。

こんなレッスン、集中しないわけいかないじゃないですか!

今までのクラスは、いろんな面ですごく優しかったんだ、と気付かされました。でも、ここで上達するんだろうか?という疑問も同時に抱えることに。

 

環境が人をつくる

「環境が人をつくる」って話きいたことないでしょうか?近いものだと類は友を呼ぶかな。

バレエに限らず仕事などもそうですが、周りにいる人は似ている・近いが多いんです。

 

似てなかったら違和感を覚えるので、違う環境に飛び立つのだと思います。自分の年収は、周りの人の平均という話も有名ですよね。

なので、どんな分野でも「今よりレベルアップしたい」と望む場合、今の場所で努力するのも大切ですが、ぐぐっと力をつけるには環境を変える方が早かったりします。

 

新しい教室で得た事↓

  • できるパが増えた
  • 振りを覚えることがめちゃくちゃ早くなった
  • 身体の使い方、見せ方がどんどん理解できて広がった

新しい環境は、私の意識と行動を大きく変えました。

温泉のような温かい場所から、必死についていくクラスで練習するわけですから、頭も体も使いまくり、なんです。

 

お馴染みの場所は居心地がいいし、クラスの流れもわかっている。その安心感も雰囲気も愛してる 笑

でも、バレエへの理解が深まって、動きに表れだす達成感はすごかった。。周りの人も話しているといろんなことを知っているし、挑戦しているしで刺激がある。

 

長い間、楽しんできたコミュニティから新しいコミュニティに挑むのは、小さなストレスとわくわくがありました。

でも、トライしてすごくよかった^^ 知らないことってまだまだある。

 

初級クラスがわるいわけではない

レベチなクラスでしたが、「クラスが難しいからよかった」わけではありません。

新しいクラスは、周りがとにかく真剣。プライベートレッスンを受ける人、バレエの体をつくるためにピラティスやらジャイロキネシスに通う人も。

 

そんな人たちが集うレッスンですから、先生の注意が全然違うんですよ。みんな真剣だし、上達していくから、先生の注意もレベルアップ。

「そんなのできない~」「難しいから無理」

というセリフをきかない。難しくてもみんな黙々と、時には周りに質問しながらマスターする方向に動く。

 

元の教室は和気あいあい系。

みんな趣味のバレエをのんびり楽しくやっている。そんな雰囲気も大好きですが、振り返ると先生はいつもいつも同じ注意をしている。先生のせいじゃなくて、できるようになかなかならないから、同じ注意をせざるを得ない。

 

バレエ友だちがスポーツクラブのクラスがつまらない、と言っていたことを思い出しました。

「みんな全然覚えてこないの。ずっと同じことを質問している。でも10年選手ばっかりなのよ」

友人が言うには、何度も同じ質問が参加者からでて、それに対して何度も同じ説明を先生が丁寧にするクラス。ありがたいけど、友人のように向上心が高いタイプからすると、同じレベルから進めない感覚があったのだと思います。

 

 

今より上達したい欲が高まったときはお教室卒業も視野に

今のお教室にいても「自分の意識次第だ」というのもわかっています。ただ、ひとりで奮闘するより、周りから刺激を受けるほうが伸びる人が多いのではないでしょうか。

 

自分を知っているからこそ、自分が自然に動く・変わる場所に身をおくって重要

意志の弱さを精神力でなんとかしようではなくて、環境を変えちゃうのも選択肢のひとつ。

大人バレエの場合、先生によってはあまり注意をしない方針の方もいらっしゃいます。いろいろありますからね。注意されるのがイヤな人も実際にいました。

 

ただ、バレエはアスリート並みに身体能力が必要な踊りです。
「今が一番若い」というのを考えた場合、上達したかったら今の環境を変えてみるのもいいかもしれません。

 

もちろん満足しているなら問題なし!初級クラスでも先生が個人に合わせてくれるスタジオもありますよ。先生もひとりひとりの成長度合いを見てくれるから、毎回発見があるクラス。

 

でも、「なんだかな」と思うことがあればお教室の卒業または、新しいお教室(オープンクラスとか)チャレンジしてみるのもいいのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バレエ踊る
スポンサーリンク
シェアする
マイコをフォローする
スポンサーリンク
Ballet Clip バレエクリップ