withコロナのバレエ鑑賞 ルールを多く設定するよりも

コロナが始まってから
舞台鑑賞は大きく変わりました。

ホワイエでのスパークリング、
終わった後の友達とのワイン、
ダンサーの出待ち・・

これらは無くなって、
寂しい気持ちもしましたが、
本命は「バレエ観る」なので、
主催には感謝しかありません。

コロナ渦での舞台鑑賞も
30回近くになりました。

ただ、来年に以前のように戻る
とは思えないので、これからも続く
現実的なwithコロナ鑑賞について
考察してみます。

 

会場の感染対策

いくつかの劇業で実施された
感染対策です。

主催が実施したもの

  • 検温
  • アルコールの設置
  • アナウンス
  • 時差入場
  • 時差退場
  • 開場時間の前倒し
  • 飲食販売の禁止
  • 飲食禁止(必要最低限の水分補給のみ)
  • グッズ販売の中止
  • グッズのオンライン販売
  • 連絡先の取得
  • 座席数の制限
  • プレゼントの預かりNG

観客への協力依頼

  • マスクの着用
  • 不織布マスクの推進
  • 会話の制限
  • 飲食禁止(最低限の水分補給のみ)
  • 出待ちの禁止
  • ブラボーなどの声援禁止
  • 距離を取って並ぶ(トイレやグッズ)

全ての公演で上記をしている
わけではないのですが、
大方こんな対策をしていました。

観客はどこまで協力できる?

対策は、主催が一方的に実施できるのと
観客へのお願い施策があります。

実際にどうだったかというと、
個人的な所感↓

〇 ほとんどの人が協力できる

  • 時差退場
  • マスクの着用
  • 飲食(最低限の水分補給のみ)
  • 出待ちの禁止
  • ブラボーの禁止

 

時々、先に出て行っちゃう人もいますが、
トイレなどの事情もあるので私は気にならないです。

マスクを照明が落ちると外す人がたまにいます。
その時は、係員から注意してもらいました。

みなさん、飲み物程度かな。
座席で飲む方も見かけますが、
さっと飲んでマスクする人がほとんど。

ブラボーもたまに・・
でも少ないなという印象。

△ ちょっとマチマチ

  • 不織布マスクの着用
  • 時差入場

ウレタンマスクは、ちょいちょい見かけます。
ただ、主催が不織布マスクを配っている場合、
不織布率はだいぶ高めです。

時差入場は、新国立劇場が実施していましたが、
厳密に席番号を見ているわけではなさそう?
開場時間を早めるだけで充分な気もしました。

× これはダメっぽい

  • 会場内での会話の制限
  • 距離を取って並ぶ(トイレやグッズ)

会話の制限は難しそう^^;
一人で来ているならできるけど・・
といった感じ。

距離を取って並ぶのも
十分に距離を取れるほどの場所が
なかったり。。

 

観客への協力依頼は限界がある

「会場内の会話を控える」は、
なかなか協力が難しいとは思っています。

マスクは、どこでも着用していることが
多いので協力率は高いと思います。
すでに日常のことなので。

 

ただ、会話は人によります。
在宅勤務ではない人は、
マスクして出社して同僚と話すことが
普通だったりしますし、
接客業だと話すことが仕事だったりも。

なので忘れやすい^^;
しかも感動した舞台を観て興奮するとね・・

 

こうゆう対策って、
人の心理を考慮した方が効いたり、
観客同士のトラブルがなくなったり
する気がしています。

せっかくの舞台なのに
イヤな気持ちになりたくないですよね。

なので、勝手に提案!
100%遵守目指すのではなく、減らす作戦。

開幕前や幕間に特典映像を流す

ロイヤルバレエのシネマは、
作品紹介や裏話(衣装や楽器など)、
出演ダンサーのインタビューを
幕間に流します。

トイレに行ってもいいし、
特典映像を楽しんでもいい。

それをリアル公演でもやってみる。
映像を見てくれれば会話が減るかなと・・

 

あえて会話OK/NGゾーンをつくる

テラスや広い場所を会話OKゾーンにする、
または、会話NGゾーンをつくる、
みたいにしてみては。

最近のオフィスだとこれあるんですよね。
集中ルームみたいに、会話がNGのゾーン。

会話NGゾーンに特典映像流したり、
ダンサーの写真置いたりするとか・・

 

SNS投稿を促す

会場内で「#白鳥の湖 2FD5」みたいな
ワードを発表して、それを公演時間内に
ツイートしてもらう。
(もちろん本番以外!)

で、抽選でプレゼントをする、
みたいな幕間で呟こう企画。

いろいろ考慮すべき点が多い案ですが、
SNS打っているときって静かなんで w

 

「ダンサーにメッセージ送ってみませんか?」
と紙を会場に渡すのでもいいかも。

 

ルール徹底もいいけど、自然にそうなるを目指す方がいい

このテーマについて書いてみたのは、
ルールが多いと守れない人がどうしても現れます。

ルールを破ることに厳しい目を
多くの人は持っている。
(どのルールに反応するかはその人次第)

 

ルール徹底を啓蒙するのはとても大事。
でも、コロナのような状況だと、
いつもよりルール破りに過敏に反応が起きる。

そうするとルール守っている方が
舞台鑑賞を楽しめないじゃないですか?
そっちに気が取られちゃうと。

 

だから、ルールもいいけど、
自然に会話が出ない状況、
自然に密にならない状況を
工夫しながら作れるといいなと思いました。

 

みんなが初めて立ち向かうことなので、
最初から上手くいことはないと思います。

だから、トライしてほしいなと・・
たくさんルール作るのもいいけど、
きっと啓蒙に消費するし、
観客も疲れちゃう。
(いろんな意味で)

なので、今こそ創意工夫を^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑記
スポンサーリンク
シェアする
マイコをフォローする
スポンサーリンク
Ballet Clip バレエクリップ